アンブレラ プロテクション は、作業性・高品質を求める現場から生まれた、現場のプロが開発した製品です。環境へも配慮した究極の液化ガラスコーティング。


アンブレラプロテクション の硬化イメージ

アンブレラプロテクション
艶やかな濡れ幕。
鉛筆硬度9H以上でガラス状態に、均一に硬化。

※ 硬化状態を分かり易くするために、厚く硬化させています。

一般的なコーティング剤
クオーツ、エシュロン、ハイモースコート、G’zox等、
一般に普及しているガラスコーティング剤。
デンプン粉状に硬化。

※ 硬化状態を分かり易くするために、厚く硬化させています。


他社製品との比較

■他のガラスコーティング
数多くのガラスコーティング剤は有機溶剤、レジン(ポリマー)の成分を含んでおり塗膜以外のコーティングは基本施工及び推奨できていません。
※有機溶剤、ポリマーを以降「油分」と記載
油分を含むメリット:
施工者の作業効率の向上。
油分が含まれていると、多少の小キズには油分が入り込み傷が見えづらくなり、仕上がりの品質が向上し安定する。
油分を含むデメリット:
油分で消えたキズは紫外線等で分解され、キズ戻りが起きやすい。
キズ戻りが起こると、ツヤ引きの原因となる。塗装塗膜以外にコーティングが付着した場合、油分により下地を痛める。
■アンブレラ プロテクション

・ガラス皮膜+撥水基が1膜で形成しているので、ガラス皮膜がある限り保護効果・撥水効果が持続。
・油分を含まないため、施工後の艶引きが起こりにくい。
・ステッカー部分・ラッピング車両、マット塗装(艶消し)にも施工可能。
・未塗装樹脂パーツへの施工も可能。経年劣化で白く濁った樹脂パーツも、ガラス皮膜を形成する事により黒く戻す。

特徴・効果

1. 素材を傷めない
素材に悪影響な有機溶剤を含まないため、素材を傷めず、環境にもやさしい。
2. 素材を問わず施工可能
未塗装樹脂、メッキ、アルミ、カーボン、ステッカーなどにも施工可能 ※マスキング作業不要で作業効率もUP
3. キズに強い
コーティング膜が、均一に硬化するため、高強度を維持できる。
4. 重厚な膜厚
平均約3μの、撥水基を含む重厚で艶やかな濡れ膜で、長期間光を持続させる。
5. 洗浄効率UP
通常では落としにくい油汚れ、虫の死骸等も容易に洗浄可能。
6. 洗車機推奨
洗車機での洗車が可能。
※手洗いより大きなキズをつけにくいため、洗車機での洗車を推奨しています


仕様

主成分 アルコキシシラン
硬化時間 指触乾燥:3~4時間
完全硬化:8~10時間
※ 気温20℃・湿度50~60%の場合
施工可能箇所 メッキ / アルミ / カーボン /
ポリカーボネート / ステンレス / 真鍮 / ステッカー / 未塗装樹脂 /
ラピング車
保証 5年
※1 樹脂パーツ以外
※2 保証規約に準ずる
容量 20ml